木工工作ワークショップ

2015/11/16 Mon

 Koeda+プロジェクトは、活動している相原中央公園(東京都町田市)で木工ワークショップを実施しました。当日は雨でしたが、ワークショップは屋内でしたので問題ありませんでした。今回のワークショップは活動している公園にある里山から取得した木材です。公園の里山散策路区域では管理伐採された木材があります。その木材を公園を管理しているNPO法人レスポアール相原の皆さまに許可をもらって譲り受けています。地域の素材を体験するワークショップです。

 参加してくれた人は、公園のある町田市の方々でした。電車で来た人や自動車で来た人もいました。子供たちの参加も多くありましたが、元気に木工ナイフで木材を削ったりヤスリで磨いたりしていました。

 この日はワークショップ参加者の子供たちの数人がTree-tagづくりのお手伝いもしてくれました。ヤスリでTree-tagの表面をヤスリがけしてくれました。日常生活で手にすることがあまりないヤスリを珍しそうに使っていました。

 里山の素材で木工工作をするというような機会は珍しくなってきていると思います。Koeda+プロジェクトは里山素材を1人でも多くの人に体験してもらいたいと思いますので、これからもできるだけこうした活動を行いたいと思っています。

▼koeda+が活動している場所:相原中央公園(NPO法人レスポアール相原)
http://espoir-aihara.net/

P1200136.jpg

P1200144.jpg

P1200146.jpg

by Staff(い)

コメント

Secret

koeda plus project
主に町田市相原の里山で活動中。相原里山再生プロジェクトから生まれた新プロジェクト。デザイン活動と、子どもワークショップが大好き。ベンチ・スピーカー台・小枝のえんぴつ・黒板・積み木などなど作ってきました。ひきつづき、剪定した小枝や間伐材を使って、木工ワークショップを行いながら、現代の里山のあり方を模索していきます。

koeda.plus

Author:koeda.plus
koeda+プロジェクトの活動報告をします。人気のワークショップは、「小枝えんぴつ」ワークショップですが、違うワークショップも考案中です。

twitter
リンク
最新記事
CalendArchive
カテゴリ
キーワード

里山保全 木工 間伐材 ワークショップ 環境保護 小枝 間伐 チェーンソー どんぐり えんぴつ ベンチ 樹木調査 テーブル 道標 カトラリーづくり 盆栽 

QRコード
QR
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる