Tree-tagづくりを再々開しました

2015/07/06 Mon

 梅雨の季節に入ったのでKoeda+プロジェクトは梅雨休みでした。7月に入っても梅雨は続いているのですが、雨でない日もあるので活動を再開しました。そこで、5月に再開したTree-tagづくりを再々開しました。

 5月末にも報告しましたが、今年はTree-tagづくりにミズキの木を使います。公園で管理伐採された木材のうち、今まで使ったことのない木材としました。これまでは里山樹木であるクヌギや商用樹木として知られるヒノキなどを活用していました、今年はミズキになりました。

 これまで活用した木材は乾燥の過程でヒビが大きく入ることが多くありました。今回のミズキもそうかと思いましたが、5月に加工したミズキの板はどれも大きなヒビがありませんでした。これまでとは少し違うようです。
 活動日は雨の予想だったのですが、雨がなかったので木材を外に出して乾燥させる作業を行いました。この木材は今年のTree-tagの主役として、多くの子供たちにヤスリがけなどをしてもらうことになります。

P1180992.jpg

P1180968.jpg

by Staff(い)

コメント

Secret

koeda plus project
主に町田市相原の里山で活動中。相原里山再生プロジェクトから生まれた新プロジェクト。デザイン活動と、子どもワークショップが大好き。ベンチ・スピーカー台・小枝のえんぴつ・黒板・積み木などなど作ってきました。ひきつづき、剪定した小枝や間伐材を使って、木工ワークショップを行いながら、現代の里山のあり方を模索していきます。

koeda.plus

Author:koeda.plus
koeda+プロジェクトの活動報告をします。人気のワークショップは、「小枝えんぴつ」ワークショップですが、違うワークショップも考案中です。

twitter
リンク
最新記事
CalendArchive
カテゴリ
キーワード

里山保全 木工 間伐材 ワークショップ 環境保護 チェーンソー 小枝 えんぴつ 間伐 ベンチ どんぐり テーブル 樹木調査 道標 盆栽 カトラリーづくり 

QRコード
QR
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる