引き続きの竹材のやすりがけ

2015/04/21 Tue

 前回の活動に引き続き竹材のヤスリがけ作業を行いました。空間あそびワークショップでは、竹材を組んで空間をつくるのですが、子供たちが素手で竹材に触ります。竹材は割っただけではササクレが出て怪我をしてしまう可能性があります。そこで、Koeda+プロジェクトでは、竹材の全てをヤスリがけする作業を行います。

 このヤスリがけ作業はメンバーがモクモクと作業します。割ってある竹材を1本1本ヤスリがけしていきます。1本でもヤスリがけに手間がかかるのですが、それが200本以上です。それでも、ワークショップに参加してくれる子供たちに安全に使って欲しいと思うので一生懸命にヤスリがけします。さらに、竹材がカビないように消毒液で拭くという作業も併せて行います。
 こうした手間を1つ1つ加えることで、自然の素材を子供たちに触って遊んでもらえるようにするのもKoeda+プロジェクトのポリシーです。

 Koeda+プロジェクトは地域の素材を活かして子供たちの遊びを創造的に提案します。そのために準備作業を進めていきます。

P1180566.jpg

P1180572.jpg

by Staff(い)

コメント

Secret

koeda plus project
主に町田市相原の里山で活動中。相原里山再生プロジェクトから生まれた新プロジェクト。デザイン活動と、子どもワークショップが大好き。ベンチ・スピーカー台・小枝のえんぴつ・黒板・積み木などなど作ってきました。ひきつづき、剪定した小枝や間伐材を使って、木工ワークショップを行いながら、現代の里山のあり方を模索していきます。

koeda.plus

Author:koeda.plus
koeda+プロジェクトの活動報告をします。人気のワークショップは、「小枝えんぴつ」ワークショップですが、違うワークショップも考案中です。

twitter
リンク
最新記事
CalendArchive
カテゴリ
キーワード

里山保全 木工 間伐材 ワークショップ 環境保護 チェーンソー 小枝 えんぴつ 間伐 ベンチ どんぐり テーブル 樹木調査 道標 盆栽 カトラリーづくり 

QRコード
QR
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる