コナラの芽を活かしたいと思います!

2014/04/14 Mon

 Koeda+プロジェクトが活動を実践している相原中央公園では、昨年秋にドングリの大豊作でした。ですので、今年の春はコナラやクヌギの芽が多く出ると思います。ですが、そうした芽も公園の下草管理作業で多くは刈られてしまいます。私たちは、そうした芽を育てて何かに活かせないかと考えています。

 そのために実験を1つはじめました。まずは、ペットボトルを半分に切って、それをもって里山に向かいます。そして、里山を歩いてコナラの芽を探します。コナラの芽を見つけたら採取し、それをペットボトルに入れてくるという簡単なものです。そうして採取した芽がどれくらい育つかを観察したいと考えています。育った芽を活かす方法を、これから考えて行きたいと思います。
 何気ない森の木の芽ですが、そうしたものを活かすような暮らしと樹木の関わり方の実現が、サスティナブルな社会に必要なのではないかとKoeda+プロジェクトは考えています。

注)この活動は、公園の管理団体であるNPO法人レスポアール相原の皆さまのご理解を頂いて進めている活動です。許可無く里山の植物などを採取することは認められていません。

P1160412.jpg

P1160419.jpg


by Staff(い)

コメント

Secret

koeda plus project
主に町田市相原の里山で活動中。相原里山再生プロジェクトから生まれた新プロジェクト。デザイン活動と、子どもワークショップが大好き。ベンチ・スピーカー台・小枝のえんぴつ・黒板・積み木などなど作ってきました。ひきつづき、剪定した小枝や間伐材を使って、木工ワークショップを行いながら、現代の里山のあり方を模索していきます。

koeda.plus

Author:koeda.plus
koeda+プロジェクトの活動報告をします。人気のワークショップは、「小枝えんぴつ」ワークショップですが、違うワークショップも考案中です。

twitter
リンク
最新記事
CalendArchive
カテゴリ
キーワード

里山保全 木工 間伐材 ワークショップ 環境保護 チェーンソー 小枝 えんぴつ 間伐 どんぐり ベンチ テーブル 道標 樹木調査 盆栽 カトラリーづくり 

QRコード
QR
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる