スプリングエフェメラル(春の妖精)

2014/03/31 Mon

 前回のブログで3月頃にしか見られない樹木の花のことをお知らせしましたが、里山には春に咲く花があります。それらの花は、雑木林が芽吹く前に花を咲かせて多くの人に春を知らせてくれます。そうした花をスプリングエフェメラル(春の妖精)と言います。

 スプリングエフェメラルは、木々が葉をつける前に花を咲かせて夏に葉をつけます。そうして、その後は地下で過ごします。そうした草花の総称とされています。代表的なものにカタクリの花があります。春の里山などでは、木々の芽より早くに花を咲かせて春を伝えてくれます。スプリングエフェメラルと呼ばれる草花は、みんな比較的小さいのですが、花は大きくそして綺麗な色をしているのが特徴です。

 木々が緑をつける前に花を咲かせるのは、雑木林が木々の緑が出る前の日当たりの良いときに花を咲かせることで光合成をするためだと言われています。

 この時期に里山を歩くと、スプリングエフェメラルに出会えるかもしれません。ほんの小さく、そしてとても大きな春の綺麗さに出会えるかもしれません。

注)これらの花は、里山などでは貴重な花となっています。見つけても、そっと見るだけにして、決して摘み取るなどはしないようにしましょう!

カタクリ


by Staff(い)

コメント

Secret

koeda plus project
主に町田市相原の里山で活動中。相原里山再生プロジェクトから生まれた新プロジェクト。デザイン活動と、子どもワークショップが大好き。ベンチ・スピーカー台・小枝のえんぴつ・黒板・積み木などなど作ってきました。ひきつづき、剪定した小枝や間伐材を使って、木工ワークショップを行いながら、現代の里山のあり方を模索していきます。

koeda.plus

Author:koeda.plus
koeda+プロジェクトの活動報告をします。人気のワークショップは、「小枝えんぴつ」ワークショップですが、違うワークショップも考案中です。

twitter
リンク
最新記事
CalendArchive
カテゴリ
キーワード

里山保全 木工 間伐材 ワークショップ 環境保護 チェーンソー 小枝 えんぴつ 間伐 ベンチ どんぐり テーブル 樹木調査 道標 盆栽 カトラリーづくり 

QRコード
QR
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる