3月にしか見れないもの

2014/03/27 Thu

 Koeda+プロジェクトの3月22日の活動では、Tree-tagづくりの活動の後で里山区域の植物調査を行いました。この時期は春に向けて植物が芽吹きの準備をする時期です。ただし、よく見ないと芽などもなかなか見られません。

 今回の調査では、3月にしか見られないものを2つ紹介します。1つはキブシの花です。もう1つは、ニワトコのツボミです。キブシの花はこの時期にしか見られないものです。とても小さな花です。ニワトコのツボミも同じくこの時期にしか見られないものです。
 この時期は里山でも常緑植物は別にして植物は見ることは難しいです。ですから、植物探しの探検のような里山歩きになると思います。

 上記の他に調査時に面白い生き物に出会いました。それはカエルです。一時期暖かくなった後、寒さが戻ったため地上で再度の冬眠状態になったような大きなカエルに出会いました。枯れ葉を布団にしているように見えました。

 この時期の里山は、春に向けて動き出しそうな雰囲気があります。ですが、芽などを見つけるのが、少し早い時期でもあります。そうした里山の生き物を探検して探してみるのも良いかもしれません。

キブシ

ニワトコの芽

カエル


by Staff(い)

コメント

Secret

koeda plus project
主に町田市相原の里山で活動中。相原里山再生プロジェクトから生まれた新プロジェクト。デザイン活動と、子どもワークショップが大好き。ベンチ・スピーカー台・小枝のえんぴつ・黒板・積み木などなど作ってきました。ひきつづき、剪定した小枝や間伐材を使って、木工ワークショップを行いながら、現代の里山のあり方を模索していきます。

koeda.plus

Author:koeda.plus
koeda+プロジェクトの活動報告をします。人気のワークショップは、「小枝えんぴつ」ワークショップですが、違うワークショップも考案中です。

twitter
リンク
最新記事
CalendArchive
カテゴリ
キーワード

里山保全 木工 間伐材 ワークショップ 環境保護 小枝 間伐 チェーンソー どんぐり えんぴつ ベンチ 樹木調査 テーブル 道標 カトラリーづくり 盆栽 

QRコード
QR
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる