タデアイ日記[ 11 ]

2012/10/18 Thu


シーズンギリギリの種まき。
6月のナメクジ害、台風。
9月の長い残暑。再度訪れる台風。

天候に踊らされた2012年のタデアイも、いよいよファイナルに差し掛かりました。
IMG_0568_2.jpg
ついに開花です!
白いような桃色のような、なかなか可憐な花です
9月を過ぎても一向につぼみ(穂)が出なく、心配していましたが、無事咲いて一安心です。

初めて穂を確認できたのは9/25でした。
IMG_0547_2.jpg
この数日前に最高気温が22℃と急落した日があり、それが引き金となって穂を出したようです。
(その日以外は連日30℃を超える残暑が続いていました)
IMG_0551_2.jpg
最終的にはプランタを覆い尽くすまでに成長したタデアイ。
これ以前に染め物のために数回収穫していますが、収穫の仕方を間違えていたようで葉っぱだけ切り取っていました。
本当は株下から切り取っていいんですね。
そのせいかどうかは不明ですが、自重を支えられずぐったりとしたり、他の株に絡みついたりしてしまっています
種さえできれば、大きな問題でもないのですが
IMG_0549_2.jpg
茎は初夏のころに比べて信じられないほど太くなっています
それでも倒れてしまう理由は、ひとえに茎が長すぎるということに尽きるでしょう。
ちょっと肥料をやりすぎたようで、成長過多になってしまいました

そういえば、このタデアイ同様、雑草のイヌタデも今が開花のピークのようです。
イヌタデの方が花の色が濃いかなとは思います。比較的開花時期は長めです。
今後は受粉に成功するか否が勝負になりますが、これに関しては私が手出しできる問題ではありません
調べても風媒花なのか虫媒花なのかわかりません。私にできることは、花に水をぶっかけないよう(花粉を洗い流さないため)注意して水やりを続けることだけです。
……といいつつ、外では大雨になっていますが
大丈夫でしょうかね

しかし、私はタデアイを甘く見ていたようで、この調子で行くと種の数が凄まじいことになってしまいそうです。
もちろん受粉が成功すればの話ですが、一株につき数個などというかわいい数ではありません。数十個単位で取れる可能性があります。
ということは、種だけで数百もの収穫ができてしまう可能性があるということです。
来年また植えるにしても、正直10個あれば十分事足りることがわかってしまった以上、どうしたものか……
この辺りはまた考える必要がありそうです


by staff(み)

蓼藍日記[ 10 ]

2012/07/10 Tue

IMG_0500_2.jpg
暑いですね……
7月ともなれば、梅雨時の暑さを思いっきり感じさせられます。
タデアイは大きいもので15cmほどに成長してきました
写真の通り、だいぶ込みごみしてきましたので、2回目の間引きを行いました。

IMG_0501_2.jpg
しっかりと日光を浴びれるように抜き取ります。
この頃になると、根も広く張るようになっていて、引く抜くのにもけっこう力が要ります。
成長にもかなりバラつきがありますが、今のところ枯れたものはありません
暑くなってきたので、ナメクジ害もかなり減りました
真夏にはいなくなることでしょう。

IMG_0502_2.jpg
一番成長が良い株です
手前の株と比べるとよくわかります。
次々と葉を出して上へ上へと伸びてゆくタデアイ達。
これからが楽しみですね

by staff(み)

蓼藍日記[ 9 ]

2012/06/21 Thu

先日の台風4号では、プランタを室内に入れるなど対応に追われました。
おかげさまで、タデアイは無事です。そればかりか、暑さを引き連れてきたので、丈も伸びてくれました。
夏場はもっと伸びるかもしれません。

今日は梅雨らしい雨です。
おかげで水やりの手間がいらなくてラクで……おや?

IMG_0470_2.jpg
犯人いたーーーーーーーーー!!
ナメクジです。日中食べ続けていたようです。

IMG_0471_2.jpg
見るからにおいしそうに食べています。
普段は日射のない夜に食べていたのでしょう。
今日は油断していたというわけですね。

IMG_0472_2.jpg
無残にもボロボロにされてしまった葉っぱ……
犯人はこの1匹しか見当たらないのですが、もし、この1匹だけで食べたのだとすると、凄まじい食欲です。

IMG_0473_2.jpg
こそこそおいしいものに舌鼓を打っていましたが、とうとう御用となりました。

犯人はわかりましたが、さてこれからどうしたものでしょう。
ナメクジ忌避剤を買うという手もありますが……
あまり薬には頼りたくないので、とりあえずはこのまま見守ってみます。
まだまだ大きさ的には小さいですし、何より人間が食べる物ではありませんから、多少の被害には目をつむろうと思います。

by staff(み)

蓼藍日記[ 8 ]

2012/06/18 Mon

私の育てているタデアイも、ここ最近の高温で一気に大きくなってきました
早いもので、もう1ヶ月過ぎたんですねー

IMG_0465_2.jpg
青々とした葉っぱ。美しいです

IMG_0466_2.jpg
しかし、葉が大きくなっても食害は止みません……
犯人が何者なのかも、未だに特定できず……
成長力が食害に勝っているところが救いです。ビバ雑草(え
そういえば前の食害の話で、昆虫ではないのではないかという予想をしましたが、昆虫(毛虫)に食べられているシーンを相原中央公園で確認しました。
タデアイは好き好きではないようです……

IMG_0467_2.jpg
茎が寝ているものもあります。これは風や雨で倒れたのではなく、日差しを求めて茎が避けたのです。
さすが、うまくできてますねー


などと、感心している場合ではありません!


わざわざ避けるということは、込み入っていることにほかなりません。
早急に『間引き』が必要です。
気づくのが遅かったです。ごめんね、タデアイ……

IMG_0468_2.jpg
ごっそりとやっておきました
まだ多いかもしれませんが、とりあえず様子見です。
ついでに、どこからか侵入した謎の雑草も摘み取っておきました。
普通のホームセンターの園芸培養土ですが、生育環境は良好のようです。

ここで、ひとつ気になりました。
結構な頻度で食害されているので、タデアイはおいしいのでしょうか?
少なくとも毒はありません。見た目は野菜のベビーリーフですし、興味がわいたので間引いた苗から葉をちぎって水洗いし、パクリと……

……

渋くて酸っぱいです。

少なくとも、人が食べておいしいと呼べるものではありませんでした。若い葉っぱなので食感は良かったのですが……
成長した葉っぱなら堅くてよりマズイでしょう。こんなものを好き好んでバリバリ食べる者がいるとは……
ただ、周りに食べるのもが無いとすると、やはりこれが一番おいしそうではあります。というより、おいしいでしょう。
近くに見えるのはカタバミやゼニゴケといった、まずもって食べられそうもないものばかりです。
そんな状態ですから、このタデアイは害虫にとって大層なごちそうであるわけです。私にとっては大層迷惑であるわけです
残念ながら、まだまだ狙われそうですが、その成長力に期待します。

IMG_0469_2.jpg
がんばって大きくなっておくれよー

by staff(み)

蓼藍日記[ 6 ]

2012/06/05 Tue

20120605タデアイ1
未だ梅雨入りしていないので、私の家のアイも着々と大きくなっています。
しかし、ちょっと困った事態になってきました……

20120605タデアイ2
このように茎だけになってしまっているものがいくつも見られます。
どう見てもこれは食害されています
蓼食う虫も好き好きといいますので、昆虫が食べたのではないと思うのですが……?
それにプランターの中には全体を見ても何もいません。
タカラダニ(赤い1mmくらいのダニ)はいますが、単体ですし、葉を丸裸にはしないでしょう。
幼虫(毛虫など)である場合、食草の外に出ることはまずありません。
とすると、犯人はナメクジか鳥(スズメなど)ということになりそうです。

まさか、食べられるとは思っていませんでしたので驚いていますが、冷静に考えるとこれは良い事件です。
ネットでの栽培方法では、種を食べられるということは書いてあっても、新芽を食害されるという記述は見かけませんでした。
アブラムシがつくということは書いてありましたが、アブラムシが葉をバリバリ食べるなんてことはありません。
ですので、これは意外と知られていない事例なのかも?
もし、この食害で全滅するようであれば、ナメクジや鳥よけのネット(防鳥ネットなど)を張る必要があります。
そのまま育つようであれば、ほったらかしで構わないでしょう
経過をよく観察したいと思います。

とりあえず、タデアイ栽培には食害にもご注意ください

ちなみに、写真の苗はさすがにダメかもしれませんが、これは自然に間引いてくれたということにして、このまま栽培を続けたいと思います。

by staff(み)

koeda plus project
主に町田市相原の里山で活動中。相原里山再生プロジェクトから生まれた新プロジェクト。デザイン活動と、子どもワークショップが大好き。ベンチ・スピーカー台・小枝のえんぴつ・黒板・積み木などなど作ってきました。ひきつづき、剪定した小枝や間伐材を使って、木工ワークショップを行いながら、現代の里山のあり方を模索していきます。

koeda.plus

Author:koeda.plus
koeda+プロジェクトの活動報告をします。人気のワークショップは、「小枝えんぴつ」ワークショップですが、違うワークショップも考案中です。

twitter
リンク
最新記事
CalendArchive
カテゴリ
キーワード

里山保全 木工 間伐材 ワークショップ 環境保護 チェーンソー 小枝 えんぴつ ベンチ テーブル 道標 間伐 どんぐり 樹木調査 盆栽 カトラリーづくり 

QRコード
QR
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる