里山盆栽日記 【day2】

2011/12/14 Wed

このブログの説明にもありますが、私たちの活動場所は町田市相原の里山です。
ここにはクヌギ・コナラ・エゴノキ・スギ・ヤマザクラなどたくさんの種類の木があります。
落ち葉かきや下草刈りなどの管理もなされているので、お散歩にも最適です

今回はこの里山の管理の方にお願いをして採取させていただいた盆栽見習い(?)の幼木を紹介します。


注意バー
里山にあるものはすべて個人または国、自治体の所有物です。

勝手に幼木を持ち去ったり、枝を切り取ったりすることは犯罪です。

必ず許可を取りましょう。

ご協力をよろしくお願い致します。
注意バー下

スギ20111209
こちらがスギの木です。
成木から意外と離れたところにちょこんと生えていました。
里山の中は、落ち葉が厚く積もっているので芽吹くのは大変だろうなあと思います。
背丈的にはまだ1年そこそこだろうと思いますが、場所的に大きくなる前に刈り取られそうなところだったので頂きました
鉢は味気ない素焼き3号鉢ですが、今の時点で観賞用とはちょっと違いますのでこれでいいかなと。
ホームセンターでひとつ78円でした。安い!


イロハモミジ20111209
こちらはモミジ(イロハモミジ)です。といってもシーズン的に落葉しかかっていますが・・・
写真きたないですね・・・こっちの方も勉強しないといけませんね
このモミジは採集時期ギリギリだったと思います。本当は春に差し掛かる頃が良かったのですが、試験的なものもありますので頂いてきました。
写真では分かりにくいですが、いい曲がり方をしているんですよ
落葉樹は春に葉をつけてくれるのかが一番の緊張ポイント。
冬場はひたすら水をやりながら暖かくなるのを待ちます。

ふたつの植え付け方法ですが、鉢の底に赤玉土の小粒を敷き、その上に採取地の腐葉土と赤玉土の混合土を入れて植え付け、表面にもう一度赤玉土を敷いてあります。
ただし、知識があまりないのでこれは仮措置です
春先に根切りを行う予定なので、そこで土も変えます。
そこまでしっかり勉強です

tag : 里山保全 環境保護 盆栽

里山盆栽日記 【day1】

2011/12/07 Wed

 
今日から新カテゴリーが登場します

表題のとおり『里山盆栽』でございます。

はい。

これでは謎だらけですね。

里山盆栽ってなんだ。ただの盆栽とは違うのか

ごもっともです。

里山盆栽とは



里山で芽吹いた幼木を保護して盆栽にする



プロジェクトです。

現在の里山は、管理されていないところでは、成木が増えすぎて地面に日射が届かず芽吹いた幼木は育ちにくく、管理されているところは、草刈りと一緒に刈り取られてしまうといった現状があるようです。
そこで! 里山樹木の有効活用の一環として盆栽に仕立てる実験をしてみようということになりました!

一番の目標は!

枯らさないこと・・・

植物を育てることに関しては、ズブの素人ですので・・・

ただ今、必死に専門書とネットを併せて知識を叩き込んでおります。


ちなみに、樹木が相手ですので時間がゆっくり進むことが予想されます。
のんびりとお付き合いよろしくお願い致します

tag : 里山保全 環境保護 盆栽

koeda plus project
主に町田市相原の里山で活動中。相原里山再生プロジェクトから生まれた新プロジェクト。デザイン活動と、子どもワークショップが大好き。ベンチ・スピーカー台・小枝のえんぴつ・黒板・積み木などなど作ってきました。ひきつづき、剪定した小枝や間伐材を使って、木工ワークショップを行いながら、現代の里山のあり方を模索していきます。

koeda.plus

Author:koeda.plus
koeda+プロジェクトの活動報告をします。人気のワークショップは、「小枝えんぴつ」ワークショップですが、違うワークショップも考案中です。

twitter
リンク
最新記事
CalendArchive
カテゴリ
キーワード

里山保全 木工 間伐材 ワークショップ 環境保護 チェーンソー 小枝 えんぴつ ベンチ テーブル 道標 間伐 どんぐり 樹木調査 盆栽 カトラリーづくり 

QRコード
QR
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる