スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

樹木プレート・道標づくり

2016/12/17 Sat

相原中央公園での活動も12月になり厚着して行かないと寒くてたまらなくなりました。

今日の作業は、まずは樹木プレートの作成したものの在庫確認を行いました。

丸太を輪切りにしたもの
プレートをヤスリがけしたもの
プレートに塗装したもの
プレートに文字をつけたもの

各作業の作成枚数を確認しました。

IMG_4749.jpg  IMG_4750.jpg

そのあとは公園の道標を新しくしたいということで作業を行いました。

前回2013年に作成した道標が傷んできたものがあり、その取り換えを行います。

まずは間伐材が山にあるということで確認へ。

山道は落葉のじゅうたんのようになっていてとても綺麗でした。

IMG_4747.jpg

確認後、早速チェーンソーを使って間伐材を道標に使える大きさに切りました。

IMG_4784.jpg

とりあえず皮をはいで乾燥させます。

残りの作業は年明けになりそうです。

by Staff (か)
スポンサーサイト

tag : 木工 間伐材 チェーンソー 環境保護 里山保全

秋の樹木調査とTree-Tag設置

2016/11/07 Mon

11月に入り寒くなってきましたが、
Koeda+プロジェクトのベースとなる活動である樹木調査とTree-Tag設置活動を行ないました。

2010年より継続している樹木調査もコツコツと少しずつ進めてきましたが調査本数が1150本になりました。
その調査した樹木を、より多くの人に知ってもらえるようにTree-Tag設置も行ないます。

今回はいままで調査を実施していないエリアの調査を行いました。
公園の通路に近いエリアで、来園者の方が見やすい場所だったので、並行してTree-Tag設置を行いました。


樹木調査の作業はこのようなことを行います。

 ・樹木に番号札を付ける
 ・樹木の名前を記録用紙に記入する
 ・樹木の大きさを測り、記録する
 ・樹木の位置を地図に記録する
 ・記録の写真を撮影する

この作業を分担して行っていきます。

IMG_2723.jpg

IMG_2709.jpg


Tree-Tag設置

IMG_2704.jpg

次は冬季の調査を行う予定です。継続して調査を行うことで、より多くの樹木の情報を集めていきます。

by Staff (か)

tag : 里山保全 環境保護 樹木調査

第2回樹木プレートづくりワークショップの続き!

2012/10/17 Wed

10月14日(日)は樹木プレートづくりワークショップの続きで

前回まで仕上げたプレートに文字をつけていきました。

前回までに下地に色をつけたプレートです。

これに文字をつけていきます。

P1110129.jpg

文字になるものをプレートに合うように切っていきます。

P1110168.jpg

それから早速ニスでプレートにつけていきます。

P1110146.jpg

やってると子供たちが飛び入り参加してくれました。

P1110164.jpg

子供たちも頑張ってくれて全てつけ終わりました。

P1110172.jpg

あと何度かニスをつけて完成となります。

早く木につけに行けたらと思います。


それから10月27日(土)に行うワークショップの準備として

山桜の丸太を加工しました

昨年の台風によって倒れた木を使用しています。

大きな丸太から材料をとり

今回はカトラリーづくりなので小さくしていきます

P1110176.jpg

チェーンソーで切った丸太は綺麗な断面

P1110178.jpg

それから薪割りみたいにして小さくしていきます

P1110179.jpg

ワークショップに向けてちゃくちゃくと準備進んでいます。

by Staff (か)


tag : 木工 間伐材 チェーンソー 環境保護 里山保全

【12/11】 里山の顔

2011/12/15 Thu

 
12/11は作業の傍ら、別の案件で里山を散策しました。
私たちは、初期の頃樹木の調査を行っていましたが、それは大きい樹木だけで低木や下層植生は調査しませんでした。
今回は調査とは異なるのですが、新しく知ることのできた里山の植物をご紹介します。

アオダモ20111211
大きな木に囲まれる中、ちょっと頼りなくも見える細い木ですが、これは『アオダモ』です。
バットの素材で有名ですね。すっかり落葉してしまっていて私には判別できませんでしたが、管理の方に教えて頂きました。
冬場なので陽が入っていますが、夏場も陽が入るのか少し心配です。

イロハモミジ20111211
クヌギやコナラといった落葉樹はかなり葉が落ちてしまっていましたが、里山の『モミジ(イロハモミジ)』はこの時期でも赤々として見事な紅葉を楽しませてくれます。
この付近に新道が引かれましたので、秋から冬にかけてステキな散策路になってくれることを願います。
本当は近くで撮るとよかったのですが、今回は目的が違いましたので、次の機会にでも・・・
ちなみに手前に見える白い肌の木は『ホオノキ』です。ここでもいくつか見ることができます。
まとまって生えているところでは、落ち葉が敷き詰められて絨毯のようになっています。

モミジイチゴ20111211
『モミジイチゴ』の若木。小さくても鋭いトゲがあるので、触れるときは注意が必要です。
大きくなると高さ2mくらいになるそうなのですが、基本的に地面を這うように伸びてしまうので管理に上では困りもの。
実際に下草刈りの時にはすべて刈ってしまうそうです。
この実はおいしいことで有名なのですが、この里山では実をつける個体は無いでしょう。
刈った後でもこうして伸びていることから、繁殖力はかなりあると思います。
モミジイチゴの実を得るためには、管理が行き届いていないところの方が可能性がありそうです。

ヒサカキ20111211_1  ヒサカキ20111211_2
小高いところで大きくなった『ヒサカキ』。「サカキ」に似ていますがサカキではないため、「非サカキ」としたことが名前の由来になったという説があります。
里山内にもいくつか生えていますが、背丈以上の大きさのものはほとんどありません。そういう意味では少しめずらしい木です。
常緑ですので落葉樹の多い里山に冬場の鮮やかな緑を与えてくれます。
葉に隠れるように黒い実がびっしりついていますが、この実は鳥たちの大好物。おそらく、この木も自然に生えたものではなく、どこからか持ってこられたのでしょう。
倒木や間伐跡の切り株にはアオキに混じってヒサカキの株もたくさんあります。栄養価が高いのでしょうか?不思議ですね。

ヤブコウジ20111211
偶然的に発見した『ヤブコウジ』。十両という呼ばれ方もします。
この仲間は百両(カラタチバナ)、万両(マンリョウ)とともに、お正月の縁起物として育てられます。(千両(センリョウ)もありますが、これはセンリョウ科で別種なんですね)
写真にも小さく赤い実が見えますが、ヤブコウジの実が見ごろなのは11月~2月なんですね。まさに正月に一番映える植物というわけです。
ところがこの木は大きくなっても20~30cmにしかなりません。写真の木も10cmちょっとという感じで誤って踏みつけてしまいそうでした。
そのため、この木を見つけるのは至極困難だと思います。
仮に見つけても、隠れるように生えているのでそっとしてあげてくださいね。


まだまだたくさんありますが、最初の紹介はこの辺で。不定期になってしまうかもしれませんが、里山の顔を簡単にでもコラム化できればいいなと思います。
よろしくお願いします。

tag : 里山保全 環境保護

里山盆栽日記 【day2】

2011/12/14 Wed

このブログの説明にもありますが、私たちの活動場所は町田市相原の里山です。
ここにはクヌギ・コナラ・エゴノキ・スギ・ヤマザクラなどたくさんの種類の木があります。
落ち葉かきや下草刈りなどの管理もなされているので、お散歩にも最適です

今回はこの里山の管理の方にお願いをして採取させていただいた盆栽見習い(?)の幼木を紹介します。


注意バー
里山にあるものはすべて個人または国、自治体の所有物です。

勝手に幼木を持ち去ったり、枝を切り取ったりすることは犯罪です。

必ず許可を取りましょう。

ご協力をよろしくお願い致します。
注意バー下

スギ20111209
こちらがスギの木です。
成木から意外と離れたところにちょこんと生えていました。
里山の中は、落ち葉が厚く積もっているので芽吹くのは大変だろうなあと思います。
背丈的にはまだ1年そこそこだろうと思いますが、場所的に大きくなる前に刈り取られそうなところだったので頂きました
鉢は味気ない素焼き3号鉢ですが、今の時点で観賞用とはちょっと違いますのでこれでいいかなと。
ホームセンターでひとつ78円でした。安い!


イロハモミジ20111209
こちらはモミジ(イロハモミジ)です。といってもシーズン的に落葉しかかっていますが・・・
写真きたないですね・・・こっちの方も勉強しないといけませんね
このモミジは採集時期ギリギリだったと思います。本当は春に差し掛かる頃が良かったのですが、試験的なものもありますので頂いてきました。
写真では分かりにくいですが、いい曲がり方をしているんですよ
落葉樹は春に葉をつけてくれるのかが一番の緊張ポイント。
冬場はひたすら水をやりながら暖かくなるのを待ちます。

ふたつの植え付け方法ですが、鉢の底に赤玉土の小粒を敷き、その上に採取地の腐葉土と赤玉土の混合土を入れて植え付け、表面にもう一度赤玉土を敷いてあります。
ただし、知識があまりないのでこれは仮措置です
春先に根切りを行う予定なので、そこで土も変えます。
そこまでしっかり勉強です

tag : 里山保全 環境保護 盆栽

koeda plus project
主に町田市相原の里山で活動中。相原里山再生プロジェクトから生まれた新プロジェクト。デザイン活動と、子どもワークショップが大好き。ベンチ・スピーカー台・小枝のえんぴつ・黒板・積み木などなど作ってきました。ひきつづき、剪定した小枝や間伐材を使って、木工ワークショップを行いながら、現代の里山のあり方を模索していきます。

koeda.plus

Author:koeda.plus
koeda+プロジェクトの活動報告をします。人気のワークショップは、「小枝えんぴつ」ワークショップですが、違うワークショップも考案中です。

twitter
リンク
最新記事
CalendArchive
カテゴリ
キーワード

里山保全 木工 間伐材 ワークショップ 環境保護 小枝 チェーンソー えんぴつ ベンチ テーブル 盆栽 カトラリーづくり 道標 どんぐり 樹木調査 間伐 

QRコード
QR
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。