スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どんぐりクッキングをしました。

2011/12/05 Mon

今年は、美味しいことで有名なマテバシイという木の「どんぐりの実」が豊作だったので、

ワークショップを開催する前に試しに調理をして、食べてみようということになりました。


オーブンなどがなく、すき焼き鍋しか手持ちの調理器具がなかったので、

どんぐりクッキーには挑戦できませんでしたが、ホットケーキならできるのでは?

ということで、「どんぐりホットケーキ」に挑戦してみました!


【どんぐりホットケーキの作り方】

①まずは、ドングリの実をゆでます。
茹でドングリ

②ドングリの皮をむきます。
どんぐりの皮むき
ドングリの親戚の、栗の皮をむいているような感覚です。

美味しそうな見た目に思わずかじってみると・・・

なんと、さっぱりした甘栗のようにとても美味しくて、参加してくれた学生さんも驚いていました。


③ドングリの中身を取り出したら、ジッパーバッグに入れて金槌でたたき砕きます。

粗挽きにすると食感が楽しめます。


④ホットケーキの生地を混ぜ合わせ、最後に砕いたドングリを入れてよく混ぜます。
どんぐり生地
ジッパーバッグをあけると、室内に甘い香りが立ちこめ、参加者の期待は最高潮に達しました。

⑤あとは、普通のホットケーキのように焼き上げると・・・
どんぐり焼き


マロンホットケーキのように風味の良い、美味しいドングリホットケーキの完成です。
どんぐりホットケーキ焼き上がり どんぐりホットケーキのバターのせ


たくさん焼けたので、公園の管理団体のおじさま達にお裾分けしました。

最初は怪訝そうな顔をしていた方にも、「おいしかったよー!」と喜んでいただけました。



このように、どんぐりの試調理・試食会は大成功に終わりました。

子どもワークショップとして、新たな企画を練ることができそうです。


staff(くに)
スポンサーサイト

tag : 里山保全 ワークショップ 環境保護 どんぐり

koeda plus project
主に町田市相原の里山で活動中。相原里山再生プロジェクトから生まれた新プロジェクト。デザイン活動と、子どもワークショップが大好き。ベンチ・スピーカー台・小枝のえんぴつ・黒板・積み木などなど作ってきました。ひきつづき、剪定した小枝や間伐材を使って、木工ワークショップを行いながら、現代の里山のあり方を模索していきます。

koeda.plus

Author:koeda.plus
koeda+プロジェクトの活動報告をします。人気のワークショップは、「小枝えんぴつ」ワークショップですが、違うワークショップも考案中です。

twitter
リンク
最新記事
CalendArchive
カテゴリ
キーワード

里山保全 木工 間伐材 ワークショップ 環境保護 小枝 チェーンソー えんぴつ ベンチ テーブル 盆栽 カトラリーづくり 道標 どんぐり 樹木調査 間伐 

QRコード
QR
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。